Copyright©ミア・カーサ経営支援室 2018,All right recieved.

JGAPは良い農産物生産のための管理手法です

 JGAP(JapanGoodAgriculturalPractice)は農産物を生産する工程を管理し、食品事故などのトラブルを農場が未然に防ぐための手法です。日本では日本GAP協会が2007年から日本版の認証制度を取り入れており、2019年3月末で4,700以上の農場が認証を受けています。(※日本GAP協会公表)

 JGAPを取得することによるメリット

 1.農産物の安全性が高まる

 2.農場の管理が効率的になる

 3.JGAP認証により選ばれる農場へ

 JGAPの基準開発には多くの農産物バイヤー企業も参加しており、農産物仕入の際にはJGAP認証品を信頼できる調達先(農場)の目印として活用する企業も出てきています。

 また、農産品の輸出を行う農場では、JGAPをもとに国際的な要求事項を盛り込み、国際的に通用する認証としたASIAGAPを取得する農場も増加しています。

 当社では、JGAP、AISAGAPのトレーナーが認証取得もサポートしております。

JGAP・ASIAGAP認証取得をサポートします。

ご連絡ください。