業務内容

”どんぶり勘定”からの卒業

着実に利益をあげるために必要なのが「計数管理」です。 「⼊るを量りて出を為す」とは先⼈の⾔葉ですが、意味するところは収⼊がどのくらいあるかを計算してから、それに釣り合った⽀出計画を⽴てるべきだということです。売上に⽐べ経費が多ければ利益は得られません。また、経費が嵩む商品ばかり売れても利益は出にくいものです。そのためには、要した経費を把握し売上の根拠を数字で押さえることが必要です。

”計画倒れ”の回避

計画は⽴てたのに実⾏できなかったり、 PDCA(計画→実⾏→検証→改善)は知っ ているけど、PDで終わってしまっている事 業者様も多いのではないでしょうか。

計画倒れに陥ってる多くの原因はP(計 画)にあります。 ⾝の丈に合った計画⽬ 標の設定や、スタッフが⾃⾝のこととして 理解し、やり続けられる仕組みづくりが必 要です。

”お客様の声”を商売に活かす

お客様のホンネを知り、商売に役立てることでお客様との密接な関係作りを行うことができます。
当社では、食品小売、飲食業、観光業など、個人のお客様と相対して販売・サービスを提供する業態の皆さまに、お客様の「ホンネ」を知る道具として、リーズナブルで簡単に実施できる「顧客満足度調査」をご提案しています。